Categories:

遺言書を作成する場合 相続人の遺留分を侵害してしまうと 、 相続人の間で争いが起きることが多いように感じます 遺留分に留意した遺言書を残したり、 生命保険を活用したりしてなるべく、争いを避けるようにしたいものです。 また […]

Categories:

通常はケースバイケースであると思われますが 本人の遺言能力があれば、有効の場合もあると思われます。 被成年後見人の遺言が有効であるためには、 医師2人以上の立ち合いが必要です。

Categories:

受遺者は 特定遺贈について 遺言者の死亡後いつでも その放棄ができるが 包括受遺者は 相続人の相続放棄の場合 と同じように 相続開始後3か月以内に家庭裁判所 に相続放棄の手続きを行うことが 必要です。   &n […]
 遺   言 満15歳に達した者は、すべて遺言をすることができます 遺言は通常 「遺言証書」によってしなければなりません。 しかし、死亡の危急に迫った者や 一般社会と隔絶した場所にあるため 通常の方式による遺言ができない […]

Categories:

 遺   言 満15歳に達した者は、すべて遺言をすることができます 遺言は通常 「遺言証書」によってしなければなりません。 しかし、死亡の危急に迫った者や 一般社会と隔絶した場所にあるため 通常の方式による遺言ができない […]
最近の投稿