Categories:

被相続人が管理していた預金で、 家族の名前の預金(名義預金)になっているものは、   相続税調査においては相続税の課税対象である と指摘されることが多いと思われます。   仮に贈与契約書があったとして […]

Categories:

A、値上がりしそうな財産、第一次相続の納税に充てるための不動産、 物納売却予定不動産、納税用現預金は子供が取得すべきです。 第二次相続の納税に充てるための不動産、現預金 は配偶者が取得すべきです。 小規模宅地の特例を受け […]

Categories:

A、遺産分製協議が整うまでは,金融機関は預貯金の払い戻しに応じてくれ ません。 しかし,分割協議は遺産の一部に対して行うことも できるので,相続税納付の為に 預貯金だけは分割協議を行い,預貯金を 払い戻すことは可能である […]

Categories:

相 続 人 A.相続人が意思能力を欠く状態のまま、 遺産分割協議が進められた場合、通常、   遺産分割協議は無効となると思われます。   家庭裁判所に   成年後見人、   保佐人 […]
特別受益者 (被相続人から遺贈を受け、又は 婚姻、養子縁組のため若しくは 生計の資本として贈与を受けた者) の相続分は、 被相続人が 相続開始の時に有した財産の価額に、 その遺贈又は贈与の価額を 加えたものを相続財産とみ […]
 遺   言 満15歳に達した者は、すべて遺言をすることができます 遺言は通常 「遺言証書」によってしなければなりません。 しかし、死亡の危急に迫った者や 一般社会と隔絶した場所にあるため 通常の方式による遺言ができない […]

Categories:

遺留分権利者は、配偶者、子、直系尊属に限られています 兄弟姉妹は遺留分権利者ではありませんので 遺留分の減殺請求はできません。 したがって、子供さんがいない場合には、遺言書の作成が重要です。 遺言書がない場合には、兄弟の […]

Categories:

胎児がある場合には、   その胎児は既に生まれたものとみなされ   相続権を有することになります。   ただし、死産のときは、   この適用はありません。   相続税の取 […]
認められない場合もあります。! 個々の事情を、よく確認する必要があります。 生命保険契約により、保険金の受取人が(被相続人)と指定されている場合、 生命保険金請求権は被相続人の相続財産になると考えられます。 したがって、 […]
最近の投稿