さいたま市 大宮浦和春日部税務署管内で頼れる税理士

住民税

(均等割及び所得割)

の納税義務者は、

道府県や市町村に

住所

または

事務所等を有する個人である。

  • ①市町村内に住所を有する個人
  • 均等割額と所得割額との合算額
  • ②市町村内に事務所等を有する個人で、
  • その市町村内に住所を有しない個人
  • 均等割額

さいたま市 大宮浦和春日部税務署管内で頼れる税理士

さいたま市民税

㋑ 市内に住所を有する人

㋺ 市内に事務所等を有する人で

さいたま市内に

住所を有しない人

ご相談電話048(648)9380

遺留分を侵害された者は、遺贈や贈与を受けた者に対し、

遺留分侵害額に相当する

金銭の請求をすることができるようになります。

令和元年7月1日以降

ご相談電話048(648)9380

(主たる部分を業務の用に供していない譲渡資産の取得費)
譲渡資産が業務の用と
業務の用以外の用とに併せ供されていた場合において、
当該譲渡資産の所有期間を通じ、
当該業務の用以外の用に供されていた部分が
当該譲渡資産の90%以上であるときは、
その資産の全部が業務の用以外の用に供されていたものとして
適用して差し支えない

ご相談電話048(648)9380

(取得費等に算入する借入金の利子等)
固定資産の取得のために借り入れた資金の利子
(賦払の契約により購入した固定資産に係る購入代価と賦払期間 中の利息及び賦払金の回収費用等に相当する金額とが明らかに区分されている場合におけるその利息及び回収費用等
に相当する金額を含む。)のうち、
その資金の借入れの日から当該固定資産の使用開始の日
(当該固定資産の取得後、 当該固定資産を使用しないで譲渡した場合においては、当該譲渡の日。)までの期間に対応す る部分の金額は、
業務の用に供される資産に係るもので、
当該業務に係る各種所得の金額の計算上必要経費に算入されたものを除き、
当該固定資産の取得費又は取得価額に算入 する。
固定資産の取得のために資金を借り入れる際に支出する
公正証書作成費用、
抵当権設定登記費用、
借入れの担保と して締結した保険契約に基づき支払う
保険料その他の費用で当該資金の借入れのために通常必要と認められるものに ついても、
同様とする。(基通38-8)

ご相談電話048(648)9380

  • 土地と建物を一括購入したような場合で

  • 購入時の契約において 建物の区分価額が明らかでない場合

  • 価額が区分されていない場合

  • 購入時の それぞれの時価で合理的に按分して計算します。 が

  • 建物の建築年と木造、鉄骨造等の

  • 構造別に1㎡当たりの 標準的な建 築価額を定めた

  • 建物の標準的な建築価額表

  • 目安にして建物の取得価額を算定することが認 められます。

  • 国税庁HPより

土地は価値が減少しないので
買った時の値段が取得費として控除されますが

建物は価値が減少しますので
減価償却によりその価値を減額し
取得費を計算します

減価償却費というのは、
財務省令で固定資産の種類ごとに定められている耐用年数を
基にして一定の方法
(定額法や定率法など)により毎年償却する金額をいいます。  

減価する資産の取得費 (取得価額) 
譲渡所得の基因となる資産が
家屋その他使用又は期間の経過により
減価する(価値が減少する)資産である場合には、
取得費は、

 (一)  業務の用に供されている償却資産 取得費から譲渡時までの
事業所得や不動産所得の必要経費とされる
減価償却費の累計額を差し引いた残額が、
譲渡所得を計算する際の取得費となります
 (二)    非業務用の減減価産  これと同じ種類の事業用固定資産の法定耐用年数の1.5倍の年数によって
旧定額法により譲渡した時までの減価の額を計算し、
これを取得費から差し引いた金額が、
譲渡したときの取得費となります
*  例えば、居住用の木造家屋を譲渡した場合の譲渡所得計算上の取得費は、財務省令で定められている木造建物の耐用年数22年を1.5倍した33年を、その耐用年数として、旧定額法により計算します。
 

1.5を乗じて計算した年数  1年未満の端数は切り捨てる。
期間に係る年数  6月以上の端数は1年とし、6月に満たない端数は切り捨てる。

減価の額を計算する場合の耐用年数は、
平成9年以前に取得した建物であっても、
平成10年以後に譲渡したものについては、改正後の耐用年数によります

ご相談電話048(648)9380

(土地、建物等の取得に際して支払う立退料等)
土地、建物等の取得に際し、
当該土地、建物等を使用していた者に支払う立退料その他
その者を立ち退かせるた めに要した金額は、
当該
土地、建物等の取得費又は取得価額に算入する

ご相談電話048(648)9380

(土地についてした防壁、石垣積み等の費用)
埋立て、土盛り、地ならし、切土、防壁工事
その他
土地の造成又は改良のために要した費用の額

その土地の取得費に算入するのであるが、
土地についてした防壁、石垣積み等であっても、
その規模、構造等からみて土地と区分 して構築物とすることが適当と認められるものの費用の額は、
土地の取得費に算入しないで、構築物の取得費とする ことができる。   
上水道又は下水道の工事に要した費用の額についても、同様とする。
(基通38-10)
(注)1 専ら建物、構築物等の建設のために行う地質調査、地盤強化、地盛り、特殊な切土等
土地の改良のためのものでない工事に要した費 用の額は、
当該建物、構築物等の取得費に算入する。  
 2 土地の測量費は、各種所得の金額の計算上必要経費に算入されたものを除き、
土地の取得費に算入する

ご相談電話048(648)9380

(契約解除に伴い支出する違約金)
いったん締結した固定資産の取得に関する契約を解除して
他の固定資産を取得することとした場合に支出する違 約金の額は、
各種所得の金額の計算上必要経費に算入されたものを除き、
当該取得した固定資産の取得費又は取得価 額に算入する

格安顧問
048(648)9380 土日時間外お気軽にご相談下さい