軽油引取税

 税務調査ではよくチェックされます  
軽油の料金と
軽油引取税相当額が
明確に区分されている場合

軽油引取税
は,

消費税の課税標準である
課税資産の譲渡等の対価の額には
含まれません。

(不課税)

軽油の料金と
軽油引取税相当額が
明確に区分されていない場合

明確に区分されていない場合には,

受領すべき金額の全額

課税資産の譲渡等の対価の額になります。

(課税)

2020年1月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 埼玉さいたま市大宮区東京税理士

手数料等

クレジット手数料   

消費者が
割賦代金のほかに
信販会社に支払う手数料は,

(非課税)

 

加盟店が
信販(クレジット)会社へ支払うもの

金銭債権の譲受けに該当し,
非課税となります。 
(非課税)

 

2020年1月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 埼玉さいたま市大宮区東京税理士

使用権等負担金

 請求書により判断  
専用側線利用権
電気ガス供給施設利用権
水道施設利用権
電気通信施設利用権

(課税)

使用権等の
取得にかかる負担金

課税対象となります。

(課税)

具体的な使用権等の取得を
意味しない
負担金

(不課税)

(不課税)

2020年1月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 埼玉さいたま市大宮区東京税理士

キャンセル料

  役務の提供の対価は課税対象   損害賠償金は課税対象外  
航空運賃の
キャンセル料 
払戻し時期に関係なく
一定額を徴収される部分

役務の提供の対価として
課税対象となります。
(課税)

 

搭乗日前の
一定日以後に解約した場合に徴収される
割増の違約金部分

損害賠償金

(不課税)

ゴルフ場の
キャンセル料

ゴルフ場のキャンセル料
のような

損害賠償金的なものは

課税対象外として
取り扱われます。
(不課税)

2020年1月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 埼玉さいたま市大宮区東京税理士

土地と建物を同時に譲渡した場合

土地と建物を
同一の者に
同時に譲渡した場合


土地と建物を
同一の者に
同時に譲渡した場合、

契約書によって
金額が区分されている場合
(建物の消費税が明示されているなど)
,通常の取引価格であれば
その区分したところによります

同一の者に対し同時に譲渡した場合には、
それぞれの資産の譲渡の対価について
合理的に区分
それぞれの対価につき、
所得税又は法人税の土地の譲渡等に係る課税の特例の計算における取扱いにより区分しているときは、その区分したところによる。


(注) 合理的に区分されていない場合には、それぞれの譲渡に係る通常の取引価額を基礎として区分することに留意する。

(土地部分:非課税)
(建物部分:課税)

合理的な基準は,
通常
所得税
法人税
消費税間で
同じ


合理的に区分されていない場合,
それぞれの譲渡にかかる
(時価)
を基礎として
区分する。

土地と建物を
同時に譲渡した場合の
課税標準

土地と建物の価額が
合理的に区分されていない場合

資産の譲渡時における価額(時価)を基礎として
計算します。
固定資産税額で按分するなどは
認められないと思われます

建物→課税
土地→非課税

2020年1月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 埼玉さいたま市大宮区東京税理士

未経過固定資産税相当額

固定資産税精算金

未経過固定資産税
相当額


未経過固定資産税相当額
は,
譲渡金額に含まれます。

漏れやすいので注意

不動産所得に含めるのは誤り

2020年1月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 埼玉さいたま市大宮区東京税理士

借地権更新料

 借地権の更新料等
(非課税)
借地権にかかる更新料等
土地
の権利の設定の
譲渡
または
土地の貸付け対価に該当し,
非課税となります。
(非課税)


借地権の更新料を受け取った場合,

課税売上割合の算出上,
分母に算入
(非課税)

します。

2020年1月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 埼玉さいたま市大宮区東京税理士

1年事業用の小規模宅地の見直し

①相続前3年以内に事業の用に
供された宅地については、
特例の対象から除外する。

     
② ただし、①に該当する宅地であっても、
当該宅地の上で事業の用に供されている
償却資産の価額が、
当該宅地の相続時の価額の15%以上
であれば、特例の適用対象とする。
     
       
       
2019年8月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 埼玉さいたま市大宮区東京税理士

ご相談の流れ

ご相談はこちらから受け付けています。→048(648)9380

まずはお電話でお気軽にご相談下さい。
その際「ホームページを見た」とおっしゃっていただければスムーズです。

お電話で概要をお伺いいたします、日時を決めていただき

面談させていただきます。

1内容、財産状況のヒアリング

おおまかな財様などの内容の状況をお聞かせ下さい。

2サービス内容のご説明

当事務所で提供させて頂くサービスの内容をご説明致します。

3報酬見積額のご呈示

申告報酬の見積額をご提示致します。

相続税の申告が
必要な場合には、堤税理士事務所にぜひご相談下さい。
048(648)9380ご相談はこちらから受け付けています。

2019年7月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 埼玉さいたま市大宮区東京税理士