(非業務用の固定資産に係る登録免許税等)

(非業務用の固定資産に係る登録免許税等)

 固定資産(業務の用に供されるものを除く。)に係る
登録免許税
(登録に要する費用を含 む。) 、
不動産取得税等
固定資産の取得に伴い納付することとなる租税公課は、
当該
固定資産の取得費
に算入する。(基 通38-9)

自宅の登記料や不動産取得税などは

譲渡所得の計算上通常控除される

(非事業用資産の取得費の計算上控除する減価償却費相当額)

譲渡所得の基因となる資産が
家屋その他使用又は期間の経過により減価する資産である場合における
当該資産の 取得費は
《減価する資産の取得費》の規定により計算するのであるが、
当該資産が各種所得を生ずべき業務の用に供されて いない資産
(「非事業用資産」という。)であり、かつ、
当該非事業用資産と同種の減価償却資産が
減価償却資産に該当する場合には、
当該非事業用資産の取得費の計算上控除する
減価償却費相当額については、
当該非事業用資産の資産の取得費に相当する金額の100分の95に相当する金額が
限度となることに留意する。  
 なお、譲渡した資産に係る各種所得を生ずべき業務の用に供されていた期間については、
当該資産の合計額に相当する金額から
当該期間内の日の属する各年分の各種所得の金額の計算上
必要経費に算入されるその資産の償却費の額の累積額を控除して
当該資産の取得費を計算するのであるが、
当該資産を各種所得を生ずべき業務の用に供されなくなった後に譲渡した場合において、
当該資産の償却費の額の累積額が当該資産合計 額に相当する金額の100分の95に
相当する金額を超えているときは、
当該資産の当該合計額に相当する金額から控除す 減価償却費相当額は、
当該償却費の額の累積額となる

(契約解除に伴い支出する違約金)

(契約解除に伴い支出する違約金)
いったん締結した固定資産の取得に関する契約を解除して
他の固定資産を取得することとした場合に支出する違 約金の額は、
各種所得の金額の計算上必要経費に算入されたものを除き、
当該取得した固定資産の取得費又は取得価 額に算入する

(土地についてした防壁、石垣積み等の費用)

(土地についてした防壁、石垣積み等の費用)
埋立て、土盛り、地ならし、切土、防壁工事
その他
土地の造成又は改良のために要した費用の額

その土地の取得費に算入するのであるが、
土地についてした防壁、石垣積み等であっても、
その規模、構造等からみて土地と区分 して構築物とすることが適当と認められるものの費用の額は、
土地の取得費に算入しないで、構築物の取得費とする ことができる。   
上水道又は下水道の工事に要した費用の額についても、同様とする。
(基通38-10)
(注)1 専ら建物、構築物等の建設のために行う地質調査、地盤強化、地盛り、特殊な切土等
土地の改良のためのものでない工事に要した費 用の額は、
当該建物、構築物等の取得費に算入する。  
 2 土地の測量費は、各種所得の金額の計算上必要経費に算入されたものを除き、
土地の取得費に算入する

(土地、建物等の取得に際して支払う立退料等)

(土地、建物等の取得に際して支払う立退料等)
土地、建物等の取得に際し、
当該土地、建物等を使用していた者に支払う立退料その他
その者を立ち退かせるた めに要した金額は、
当該
土地、建物等の取得費又は取得価額に算入する

新着情報

土地建物等の譲渡の
短期・長期の別は

譲渡した年の1月1日現在で
所有期間5年以下と
5年を超えるもので
区分される。

長期譲渡所得

  • 原則 税率15%

優良住宅地の造成等のための譲渡
→2000万円以下の部分→10%
2000万円超部分→15%

居住用財産を譲渡した場合

通常3000万円の特別控除があるので

それを控除した金額が
所有期間10年超の場合)
6000万円以下の部分→10%
6000万円超の部分→15%

所有期間5年以上
10年未満の場合は
税率15%

短期譲渡の場合
でも

3000万円特別控除が適用できます。

税率30%

短期譲渡所得

原則→30%
ただし、国等に対する譲渡で一定要件に該当する場合→15%

ほかに住民税が課税されます

平成25年から平成49年までは、
復興特別所得税として基準所得税額の2.1%を
申告・納付することになります

 減価する資産の取得費  

  • 土地と建物を一括購入したような場合で

  • 購入時の契約において 建物の区分価額が明らかでない場合

  • 価額が区分されていない場合

  • 購入時の それぞれの時価で合理的に按分して計算します。 が

  • 建物の建築年と木造、鉄骨造等の

  • 構造別に1㎡当たりの 標準的な建 築価額を定めた

  • 建物の標準的な建築価額表

  • 目安にして建物の取得価額を算定することが認 められます。

  • 国税庁HPより

土地は価値が減少しないので
買った時の値段が取得費として控除されますが

建物は価値が減少しますので
減価償却によりその価値を減額し
取得費を計算します

減価償却費というのは、
財務省令で固定資産の種類ごとに定められている耐用年数を
基にして一定の方法
(定額法や定率法など)により毎年償却する金額をいいます。  

減価する資産の取得費 (取得価額) 
譲渡所得の基因となる資産が
家屋その他使用又は期間の経過により
減価する(価値が減少する)資産である場合には、
取得費は、

 (一)  業務の用に供されている償却資産 取得費から譲渡時までの
事業所得や不動産所得の必要経費とされる
減価償却費の累計額を差し引いた残額が、
譲渡所得を計算する際の取得費となります
 (二)    非業務用の減減価産  これと同じ種類の事業用固定資産の法定耐用年数の1.5倍の年数によって
旧定額法により譲渡した時までの減価の額を計算し、
これを取得費から差し引いた金額が、
譲渡したときの取得費となります
*  例えば、居住用の木造家屋を譲渡した場合の譲渡所得計算上の取得費は、財務省令で定められている木造建物の耐用年数22年を1.5倍した33年を、その耐用年数として、旧定額法により計算します。
 

1.5を乗じて計算した年数  1年未満の端数は切り捨てる。
期間に係る年数  6月以上の端数は1年とし、6月に満たない端数は切り捨てる。

減価の額を計算する場合の耐用年数は、
平成9年以前に取得した建物であっても、
平成10年以後に譲渡したものについては、改正後の耐用年数によります

アクセス

堤税理士会計事務所地図


アクセス

電車の場合
埼玉県さいたま市大宮区土手町3-88-1-3F テラヴェローナ大宮301号室、 
4階建てのレンガ造りのマンションです。
北大宮駅から徒歩6分(300m)、
大宮駅から歩いても20分程度(1.2km)です
すぐ近くに、大宮税務署、大宮公園 氷川神社、ナックファイブスタジアム、大宮公園野球場があります

自動車の場合

さいたま新都心インターチェンジから5km
※駐車場1台
氷川神社裏参道通りに面しており、
鳥居のそば事務所看板のところに駐車場があり、 お車でいらしても大丈夫です。

さいたま市大宮区土手町3-88-1-301

堤税理士会計事務所 埼玉県さいたま市大宮区にお任せ下さい
 相続税  相続税、所得税 確定申告書作成 提出代行

トピックス

  • 創設以来25年間、数多くの個人事業主さま、
  • アパート経営者さまを主にサポートしています。
  • 創設以来、数百件もの確定申告を代理しております。
  • 減価償却、青色専従者給与、消費税などについて、プロとして
  • 節税のアドバイスを的確に行います。

税務代理権限書を添付いたします!

税務代理権限証書の添付により、
申告後の税務署からの問合せが税理士を通して行われます。
税務署との交渉を
税理士に任せることが出来安心です。

当事務所の税理士は税務調査経験も豊富です。

29年3月15日までに
確定申告などが必要な方

  • 給与の収入金額が2,000万円を超える方
  • 給与を2ヶ所以上から受けている方
  • 給与所得、退職所得以外の所得金額が20万円を超える方等
  • 不動産所得、事業所得がある方
  • 相続時精算課税など贈与税の特例適用を受ける方
  • 譲渡所得のある方など

ご準備いただくもの

・過年度の確定申告書
・通帳
・領収書
・請求書控え
・契約書(不動産売買、賃貸など)
・医療費の領収書
・社会保険料通知書、領収書、生命保険料、地震保険料控除証明書 等

新規で会社を立ち上げて税理士をお探しの方へ

事業を個人で行ったほうがいいのか、
法人で行ったほうがいいのか分からない、
開業後いつまでにどの書類をどこに提出したらいいのか分からない。
何も分からない方でも安心、
経験豊富な信頼できる税理士が
あなたをバックアップいたします