に投稿

更正の請求

五年 (第二号に掲げる場合のうち 法人税に係る場合については、十年) 以内に限り、 税務署長に対し、 その申告に係る課税標準等又は税額等 (当該課税標準等又は税額等に関し次条又は第二十六条(再更正)の規定による更正 (以下この条において「更正」という。)があつた場合には、 当該更正後の課税標準等又は税額等)につき 更正をすべき旨の請求をすることができる。 一 当該申告書に記載した課税標準等 若しくは 税額等の計算が 国税に関する法律の規定に従つていなかつたこと 又は当該 計算に誤りがあつたことにより、 当該申告書の提出により納付すべき税額 (当該税額に関し更正があつた場合には、当該更正後の税額) が過大であるとき。 二 前号に規定する理由により、当該申告書に記載した純損失等の金額 (当該金額に関し更正があつた場合には、当該更正後の金額) が過少であるとき、又は 当該申告書 (当該申告書に関し更正があつた場合には、更正通知書) に純損失等の金額の記載がなかつたとき。 三 第一号に規定する理由により、 当該申告書に記載した還付金の額に相当する税額 (当該税額に関し更正があつた場合には、当該更正後の税額) が過少であるとき、又は 当該申告書(当該申告書に関し更正があつた場合には、更正通知書) に還付金の額に相当する税額の記載がなかつたとき。 2 納税申告書を提出した者又は第二十五条(決定)の規定による 決定 (以下この項において「決定」という。) を受けた者は、 次の各号のいずれかに該当する場合 (納税申告書を提出した者については、 当該各号に定める期間の満了する日が前項に規定する期間の満了する日後に到来する場合に限る。)には、同項の規定にかかわらず、当該各号に定める期間において、 その該当することを理由として同項の規定による更正の請求(以下「更正の請求」という。)をすることができる。 一 その申告、更正又は決定に係る課税標準等又は税額等の計算の基礎となつた 事実に関する訴えについての判決 (判決と同一の効力を有する和解その他の行為を含む。)により、 その事実が当該計算の基礎としたところと異なることが確定したとき その確定した日の翌日から起算して二月以内 二 その申告、更正又は決定に係る課税標準等又は税額等の計算に当たつてその申告をし、 又は決定を受けた者に帰属するものとされていた所得 その他課税物件が他の者に帰属するものとする 当該他の者に係る国税の更正又は決定があつたとき 当該更正又は決定があつた日の翌日から起算して二月以内 三 その他当該国税の法定申告期限後に生じた 前二号に類する政令で定めるやむを得ない理由があるとき 当該理由が生じた日の翌日から起算して二月以内 3 更正の請求をしようとする者は、その請求に係る 更正前の課税標準等又は税額等、 当該更正後の課税標準等又は税額等、 その更正の請求をする理由、 当該請求をするに至つた事情の詳細そ の他参考となるべき事項を記載した 更正請求書を税務署長に提出しなければならない。 4 税務署長は、更正の請求があつた場合には、 その請求に係る課税標準等又は税額等について 調査し、 更正をし、又は 更正をすべき理由がない旨を その請求をした者に通知する。


(更正の請求の特則) 第三十二条 相続税又は贈与税について申告書を提出した者又は決定を受けた者は、 次の各号のいずれかに該当する事由により当該申告又は決定に係る課税価格及び相続税額 又は贈与税額 (当該申告書を提出した後又は当該決定を受けた後修正申告書の提出又は更正があつた場合には、当該修正申告又は更正に係る課税価格及び相続税額又は贈与税額) が過大となつたときは、 当該各号に規定する事由が生じたことを知つた日の翌日から 四月以内に限り、 納税地の所轄税務署長に対し、その課税価格及び相続税額又は贈与税額につき 更正の請求 (国税通則法第二十三条第一項(更正の請求)の規定による更正の請求をいう。第三十三条の二において同じ。) をすることができる。 一 第五十五条の規定により 分割されていない財産について民法(第九百四条の二(寄与分)を除く。)の規定による 相続分又は包括遺贈の割合に従つて課税価格が計算されていた場合において、 その後当該財産の分割が行われ、 共同相続人又は包括受遺者が当該分割により取得した財産に係る課税価格が 当該相続分又は包括遺贈の割合に従つて計算された課税価格と異なることとなつたこと。 二 民法第七百八十七条(認知の訴え) 又は第八百九十二条から第八百九十四条まで(推定相続人の廃除等)の規定による認知、 相続人の廃除又はその取消しに関する裁判の確定、同法第八百八十四条(相続回復請求権)に規定する 相続の回復、同法第九百十九条第二項 (相続の承認及び放棄の撤回及び取消し)の規定による 相続の放棄の取消しその他の事由により相続人に異動を生じたこと。 三 遺留分による減殺の請求に基づき返還すべき、又は弁償すべき額が確定したこと。 四 遺贈に係る 遺言書が発見され、又は遺贈の放棄があつたこと。 五 第四十二条第三十項(第四十五条第二項において準用する場合を含む。)の規定により条件を付して物納の許可がされた場合(第四十八条第二項の規定により当該許可が取り消され、又は取り消されることとなる場合に限る。)において、当該条件に係る物納に充てた財産の性質その他の事情に関し政令で定めるものが生じたこと。 六 前各号に規定する事由に準ずるものとして政令で定める事由が生じたこと。 七 第四条に規定する事由が生じたこと。 八 第十九条の二第二項ただし書の規定に該当したことにより、同項の分割が行われた時以後において同条第一項の規定を適用して計算した相続税額がその時前において同項の規定を適用して計算した相続税額と異なることとなつたこと(第一号に該当する場合を除く。)。 九 次に掲げる事由が生じたこと。 イ 所得税法第百三十七条の二第十三項 (国外転出をする場合の譲渡所得等の特例の適用がある場合の納税猶予)の規定により 同条第一項の規定の適用を受ける同項に規定する国外転出をした者に係る同項に規定する 納税猶予分の所得税額に係る納付の義務を承継したその者の相続人が当該納税猶予分の所得税額に相当する所得税を納付することとなつたこと。 ロ 所得税法第百三十七条の三第十五項(贈与等により非居住者に資産が移転した場合の譲渡所得等の特例の適用がある場合の納税猶予)の規定により同条第七項に規定する適用贈与者等に係る同条第四項に規定する納税猶予分の所得税額に係る納付の義務を承継した当該適用贈与者等の相続人が当該納税猶予分の所得税額に相当する所得税を納付することとなつたこと。 ハ イ及びロに類する事由として政令で定める事由 十 贈与税の課税価格計算の基礎に算入した財産のうちに第二十一条の二第四項の規定に該当するものがあつたこと。 2 贈与税について申告書を提出した者に対する国税通則法第二十三条の規定の適用については、同条第一項中「五年」とあるのは、「六年」とする。 ]]>

に投稿

注意したい通達

共有に属する財産の共有者の1人が、 その持分を放棄(相続の放棄を除く。)したとき、 又は死亡した場合においてその者の相続人がないときは、 その者に係る持分は、 他の共有者がその持分に応じ贈与又は遺贈により 取得したものとして取り扱うものとする。


相続又は遺贈によつて財産を取得した者が その相続開始の年において 当該相続に係る被相続人からの贈与により取得した財産 (被相続人を特定贈与者とする相続時精算課税の適用を受ける財産を除く。) の価額については、法第21条の2第4項の規定により 贈与税の課税価格に算入しないで 相続税の課税価格に加算するのであるから留意する。 また、相続開始の年において特定贈与者である被相続人からの贈与により取得した 相続時精算課税の適用を受ける財産の価額については、法第21条の10の規定により贈与税の課税価格に算入される (法第28条第4項の規定により当該財産については贈与税の申告を要しない。) とともに、法第21条の15第1項又は第21条の16第1項の規定により 相続税の課税価格にも算入されることとなるのであるから留意する。 (注) 相続開始の年において当該相続に係る被相続人からの贈与により財産を取得した者が 当該財産について相続時精算課税の適用を受けるためには、 当該相続開始の年の前年以前の年分の贈与について法施行令第5条第1項に規定する 「相続時精算課税選択届出書」(以下「相続時精算課税選択届出書」という。)を提出している場合を除き、 当該相続時精算課税選択届出書を提出しなければならないのであるから留意する。
代償分割の方法により相続財産の全部又は一部の分割が行われた場合における法第11条の2第1項又は第2項の規定による相続税の課税価格の計算は、次に掲げる者の区分に応じ、それぞれ次に掲げるところによるものとする。 (1) 代償財産の交付を受けた者 相続又は遺贈により取得した現物の財産の価額と交付を受けた代償財産の価額との合計額 (2) 代償財産の交付をした者 相続又は遺贈により取得した現物の財産の価額から交付をした代償財産の価額を控除した金額 (注) 「代償分割」とは、共同相続人又は包括受遺者のうち1人又は数人が相続又は包括遺贈により取得した財産の現物を取得し、その現物を取得した者が他の共同相続人又は包括受遺者に対して債務を負担する分割の方法をいうのであるから留意する。 代償財産の価額は、代償分割の対象となった財産を現物で取得した者が他の共同相続人又は包括受遺者に対して負担した債務(以下「代償債務」という。)の額の相続開始の時における金額によるものとする。 ただし、次に掲げる場合に該当するときは、当該代償財産の価額はそれぞれ次に掲げるところによるものとする。 (1) 共同相続人及び包括受遺者の全員の協議に基づいて代償財産の額を次の(2)に掲げる算式に準じて又は合理的と認められる方法によって計算して申告があった場合 当該申告があった金額 (2) (1)以外の場合で、代償債務の額が、代償分割の対象となった財産が特定され、かつ、当該財産の代償分割の時における通常の取引価額を基として決定されているとき 次の算式により計算した金額 A×C÷B (注) 算式中の符号は、次のとおりである。 Aは、代償債務の額 Bは、代償債務の額の決定の基となった代償分割の対象となった財産の代償分割の時における価額 Cは、代償分割の対象となった財産の相続開始の時における価額(評価基本通達の定めにより評価した価額をいう。)  
相続を放棄した者又は相続権を失った者が取得した保険金については、 法第12条第1項第5号に掲げる 保険金の非課税金額の規定の適用がないのであるから留意する。 相続を放棄した者等の取得した退職手当金等及び退職手当金等の非課税金額の計算については、 保険金の取扱いに準ずる
相続財産に関する費用》の規定により 相続財産の中から支弁する相続財産に関する費用は、 法第13条第1項第1号に掲げる債務とはならないのであるから留意する。
被相続人の生存中に墓碑を買い入れ、その代金が未払であるような場合には、 法第13条第3項本文の規定により、当該未払代金は債務として控除しない
相続時精算課税適用者 (以下「相続時精算課税適用者」という。)に係る法第13条の規定の適用については、 当該相続時精算課税適用者の相続又は遺贈による財産の取得の有無に応じて、それぞれ次に掲げるとおりとなるのであるから留意する。 (1) 相続又は遺贈により財産を取得した相続時精算課税適用者(法第21条の15第1項に該当する者) 無制限納税義務者である場合には第13条第1項の規定、制限納税義務者である場合には同条第2項の規定が適用される。 (注) 当該相続時精算課税適用者が、相続人に該当せず、かつ、特定遺贈のみによって財産を取得した場合には、同条の規定は適用されないのであるから留意する。 (2) 相続又は遺贈により財産を取得しなかった相続時精算課税適用者(法第21条の16第1項に該当する者) 当該相続に係る被相続人の相続開始の時において法施行地に住所を有する者である場合には第13条第1項の規定、法施行地に住所を有しない者である場合には同条第2項の規定が適用される。 (注) 当該相続時精算課税適用者が、 相続人又は包括受遺者に該当しない場合には、同条の規定は適用されない
債務が確実であるかどうかについては、 必ずしも書面の証拠があることを必要としないものとする。 なお、債務の金額が確定していなくても当該債務の存在が確実と認められるものについては、 相続開始当時の現況によって確実と認められる範囲の金額だけを控除するものとする。
保証債務については、控除しないこと。ただし、主たる債務者が弁済不能の状態にあるため、保証債務者がその債務を履行しなければならない場合で、かつ、主たる債務者に求償して返還を受ける見込みがない場合には、主たる債務者が弁済不能の部分の金額は、当該保証債務者の債務として控除すること。 (2) 連帯債務については、連帯債務者のうちで債務控除を受けようとする者の負担すべき金額が明らかとなっている場合には、当該負担金額を控除し、連帯債務者のうちに弁済不能の状態にある者(以下14‐3において「弁済不能者」という。)があり、かつ、求償して弁済を受ける見込みがなく、当該弁済不能者の負担部分をも負担しなければならないと認められる場合には、その負担しなければならない相続の開始の時において、既に消滅時効の完成した債務は、法第14条第1項に規定する確実と認められる債務に該当しないものとして取り扱うものとすると認められる部分の金額も当該債務控除を受けようとする者の負担部分として控除すること。
特定贈与者の死亡以前に当該特定贈与者に係る相続時精算課税適用者が死亡したことから、法第21条の17又は第21条の18の規定により相続時精算課税適用者が有していた相続時精算課税の適用を受けたことに伴う納税に係る権利又は義務について承継があった場合において、当該相続時精算課税適用者に係る特定贈与者である被相続人の死亡に係る相続税額を計算するときは、法第15条第1項に規定する相続人の数には、当該相続時精算課税適用者は算入されないのであるから留意する。 (注) 法第21条の17又は第21条の18の規定により相続時精算課税適用者の有していた相続時精算課税の適用を受けたことに伴う納税に係る権利又は義務を承継した者については、当該被相続人の相続人である場合(法第15条第2項かっこ書き及び第63条に該当する場合を除く。)に限り、法第15条第1項に規定する相続人の数に算入されることに留意する。
(課税価格の端数計算) 16‐2 相続又は遺贈(当該相続に係る被相続人からの贈与により取得した財産で相続時精算課税の適用を受けるものに係る贈与を含む。)によつて財産を取得した者の相続税の課税価格(法第19条及び第21条の15の規定の適用がある場合には、これらの規定による加算後の相続税の課税価格)を計算する場合において、その額に1,000円未満の端数があるとき又はその全額が1,000円未満であるときは、その端数金額又はその全額を切り捨てるのであるから留意する
(相続税の総額を計算する場合の取得金額等の端数処理) 16‐3 法第16条の規定により相続税の総額を計算する場合における同条に規定する「その各取得金額」に1,000円未満の端数があるとき若しくはその全額が1,000円未満であるとき又は相続税の総額に100円未満の端数があるときは、その端数金額又はその全額を切り捨てても差し支えないものとする。
(あん分割合) 17‐1 法第17条に規定する「財産を取得した者に係る相続税の課税価格が当該財産を取得したすべての者に係る課税価格の合計額のうちに占める割合」に小数点以下2位未満の端数がある場合において、その財産の取得者全員が選択した方法により、各取得者の割合の合計値が1になるようその端数を調整して、各取得者の相続税額を計算しているときは、これを認めて差し支えないものとする。 なお、上記の方法を選択した者について相続税額を更正する場合には、その選択した方法によって相続税額を計算することができるものとする。 ]]>

に投稿

名義変更のしかた

不動産(土地建物)の名義変更 所有権移転登記申請書(相続・遺産分割)法務局HP   法務局へ提出する書類

一般的に必要とされる書類です。

登記申請書に添付する書面(添付情報)は, 原本の添付が原則

□ 被相続人の生まれてから、お亡くなりになるまでの戸籍(除籍)謄本 □ 被相続人の住民票の除票 □ 相続人の戸籍謄本 □ 遺産分割協議書 □ 相続人の印鑑証明書・印鑑(実印) □ 相続人の住民票 □ 代理権限証書(委任状) 固定資産税評価証明書(市区役所) その他 登記申請用に作成した委任状,登記原因証明情報等) や印鑑証明書等は,原本の還付をすることはできません 相続関係説明図」を 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本), 除籍全部事項証明書(除籍謄本)等と一緒に提出された場合には, 登記の調査が終了した後に, 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等の原本をお返しすることができます 法務局HPより抜粋転載、一部省略http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/minji79.html 遺産分割協議書で登記する場合の記載例 所有権移転登記申請書(相続・遺産分割)法務局HP 未登記の家屋については、 市区町村の税務課で家屋課税台帳名義人変更願 自分で申請したい方には、法務局の相談窓口で相談に応じてくれます。 さいたま地方法務局の場合http://houmukyoku.moj.go.jp/saitama/ 当事務所では提携の司法書士を紹介しております。  

預貯金の名義変更の仕方

預貯金の名義変更で必要な書類 銀行に提出するもの例 □ 被相続人の戸籍(除籍)謄本 □ 相続人の戸籍謄本 □ 相続人の印鑑証明書・印鑑 □ 各銀行所定の払戻用紙や同意書等 □ 遺産分割協議書 □ 預金通帳及び証書
 

生命保険の請求に必要な書類の例

被相続人が契約者の保険で 受取人が請求する場合   □ 各保険会社所定の名義変更請求書 兼改印届 □ 被相続人の戸籍(除籍)謄本 □ 相続人の戸籍謄本 □ 相続人の印鑑証明書・印鑑 □ 保険証券 その他   トップへ戻る  
]]>

に投稿

門及び塀の評価

建物は、通常固定資産税評価額で評価するが、

建物と一体化している、建物附属設備は通常固定資産税評価額に含まれていると

考えられます、

しかし、門や外構などは通常含まれていないので、別途評価する必要があります。

その場合再取得(建築)価額から減価の額を控除して計算します

庭園設備も評価する必要があります。

]]>
に投稿

預貯金等の申告もれ防止

毎月または毎年一定の金額の 振替の引落口座や、引き出し金額について内容の確認、 それらが贈与貸付金等でないかの確認


(準)確定申告の還付金の入金口座 税務署のお尋ねに記載した預金口座 住宅ローンに対する預金定期口座 自宅、勤務先の近くの金融機関の有無 生命保険料の引き落とし、入金口座 財産債務調書、国外財産調書に記載された口座 ネット銀行の有無
配当金がある場合、元本の有無 貸金庫に保管された口座の有無 5年から10年程度の預金の動きを調べる 被相続人が病気や施設に入所している場合 家族名義預金の有無がないか検討する 生前の所得、生活費や預金の入出金や貯蓄状況から、 相続財産が適正か検討する   ]]>

に投稿

有利な遺産分割方法は?

値上がりしそうな財産、 第一次相続の納税に充てるための不動産、 物納売却予定不動産、 納税用現預金は子供が取得すべきです。 第二次相続の納税に充てるための不動産、現預金 は配偶者が取得すべきです。 小規模宅地の特例を受けるにあたって、 いつ適用を受けたほうが有利か考慮する。   小規模宅地の特例の適用要件 (生計を一にする、同居親族の要件など) は複雑で、改正が多いので、注意する必要がある。 基本的には第一次相続で小規模宅地の特例を子供が受けられる場合には子供が取得、 第二次相続で小規模宅地の特例の適用を受けられるものは 配偶者が取得するのがよいと思われる。   第一次相続で1憶六千万円全部、配偶者が取得すると 第2次相続で相続税が多額になる場合があるので、 一次相続で遺産分割を考慮する必要がある。   配偶者の税額軽減は,子との共同相続の場合は, 通常、遺産の半分を取得したときに最大となるので, そのように分割する場合が多いと思われる。   が2次相続との関係、相続税率を考慮に入れ分割する必要がある 2次相続では配偶者の税額軽減が適用できず 基礎控除、小規模宅地の特例を超えた分は、 相続税がストレートに課税され納税額が多額になる 小規模宅地も同居していない場合には 基本的に受けられないので 家なき子の要件に該当するか検討したり 建物の区分登記をしない、2世帯住宅や 同居を考慮に入れたり 生計一に該当して適用が受けられる可能性があれば、検討したいところだ また不動産収入物件については相続時精算課税を使うと2500万円まで 贈与税もかからないので その後の不動産収入が親から子へ移転するので 相続財産を増やさない観点から有効である ただしその後は110万円までの 基礎控除は使えなくなるので注意が必要だ        
]]>

に投稿

空き室問題

アパートやマンションが建っている敷地のことを貸家建付地といいますが 貸家建付地の価額 = 自用地とした場合の価額 - 自用地とした場合の価額 × 借地権割合 × 借家権割合 × 賃貸割合 賃貸割合=

相続時に賃貸されている各独立部分の床面積/その家屋の各独立部分の床面積の合計
「各独立部分」とは、 建物の構成部分である 隔壁、 扉、 階層(天井及び床)等 によって他の部分と完全に遮断されている部分で、 独立した出入口を有するなど独立して賃貸その他の用に供することができるものをいいます
相続時に 一時的な空室と認められるかどうかの判断は 、 国税庁より次のような情報 が公開されています 。 ①各独立部分が課税時期前に継続的に賃貸されてきたものかどうか 。 ②賃借人の退去後速やかに新たな賃借人の募集が行われたかどうか 。 ③空室の期間 、他の用途に供されていないかどうか 。 ④空室の期間が課税時期の前後の例えば 1か月程度であるなど一時的な期間であったかどうか 。 ⑤課税時期後の賃貸が一時的なものではないかどうか相続開始時点において、 いまだ賃貸されていない部屋がある場合の 相続開始時点において、 いまだ賃貸されていない部屋が存在する場合は、 当該部屋の客観的交換価値はそれが 借家権の目的となっていないものとして評価すべきである (その借家権の割合は30%)という、判決があるが 相続開始時点において 入居者のいないアパートや 入居者のいない一戸建ての貸家は 借家権の減額ができないが 賃貸されている各独立部分の一部が 課税時期において一時的に空室となっていたにすぎない と認められるものについては、 課税時期においても 賃貸されていたもの として取り扱って差し支えない、との通達がある。(評基通26)   {貸家建付地等の評価における一時的な空室の範囲、照会(国税庁HP)}
空室の期間が1か月程度については、 種々の判断基準があります (空き室が長期間 (半年以上から1年以上程度)でない限り、 認められるとする説もあるが 貸付として減額が適用できるかどうかは不明) 詳細は直接ご相談ください。 トップへ戻る]]>

に投稿

土地評価の基本2

土地の登記されている単位を

筆と言いますが

例えば

1つの自用宅地(自宅敷地)が2筆以上の宅地からなっている場合は

2筆以上の宅地を合計で評価します

       合わせて500㎡以上あれば

広大地の適用がある可能性があります


アパートの敷地と 駐車場が 道路で区分されていなくて 一体利用されて いる場合には 合わせて評価することになると思われます この場合 合計して500㎡以上の土地は 広大地の適用がある可能性があります]]>

に投稿

土地評価1

アスフアルト舗装を設け容易に建物敷地にできない状態で 10年前から月極駐車場用地として利用されている場合 はすでに宅地とはいえず。 登記上の地目は雑種地に該 当するとおもわれます。 したがって、その駐車場用地が、 自宅敷地と隣接している場合であっても 評価上の区分が別になるので、 自宅敷地とは、区分して評価する必要があると思われます。     続きを読む 土地評価1